ページの先頭です。

戸田市情報モラル教育サイト 情報モラルスクール


身を守るちから基本編きちんと知って使おう!
ケータイやスマートフォンの落とし穴から身を守ろう

ケータイやスマートフォンを使い始める前に必ず、注意しなくてはいけないことをおうちの人と確認しましょう。ケータイやスマートフォンの使い方しだいで、あなたの生活をよりすばらしくすることもできますが、ケータイやスマートフォンを使うことにふりまわされると、あなたが今しなければならない勉強やスポーツなどがおろそかになってしまいます。

ケータイやスマートフォンの落とし穴

利用料金に気をつけよう

ケータイやスマートフォンの利用料金は、基本使用料、パケット通信料、インターネット接続料、通話料などからなります。けい帯電話会社によって、料金プランが異なるので、おうちの人とよく相談してあなたに一番ふさわしい料金プランを決めましょう。  ケータイやスマートフォンのサービスを利用する時は、自分に本当に必要か、通信料をふくめた合計の金額に無理がないかを考えて、かしこく使う必要があります。必ずおうちの人と話し合って、利用時間や利用サービスについて無理が出ないように約束事を決めてから使うようにしましょう。

ケータイやスマートフォンで通信したり、ダウンロードしたりするときには「パケット通信料」がかかります。月々の通信料が定額で使い放題になる定額制料金プランを選んでいる場合はよいですが、通信ごとに料金がかかる従量制のプランを選んでいる場合、長時間オンライン・ゲームをしたり、ウェブサイトを見たりすると、料金がとても高額になることがあります。

スマートフォンの使用時間に気をつけよう

内閣府によると(注釈)、スマートフォンでインターネットを利用している青少年のうち、60.7%が2時間以上インターネットを利用しています(スマートフォン利用者は49.1%)。平均のインターネット利用時間は145.8分で昨年の136分から約10分増えています。このように、スマートフォンの利用者が増え、多くの人がネットを長時間利用し、SNSやチャットなどのサービスを利用している様子がわかります。

もしあなたが、3時間以上インターネットを使って、単に友達とおしゃべりしたり、オンライン・ゲームをしたり、ネットサーフィンしたりする時間を勉強やスポーツ、身近な人とのコミュニケーションや、一人でじっくり考える時間にあてたらどうだろうかと想像してみてください。

1日は24時間しかありません。その中でどのように時間を上手に使うかどうか、決めるのはあなたです。
(注釈)「2016年度(平成28年度) 青少年のインターネット利用環境実態調査 」(2017年(平成29年)3月)より

あなた自身とあなたの大切な人を守るために

携帯電話のロック機能のイメージイラストケータイやスマートフォンの管理には十分気をつけましょう。ケータイやスマートフォンをなくすと、さまざまなトラブルにまきこまれる危険性があります。

万一ケータイやスマートフォンをなくしたときは、すぐにけい帯電話会社のショップに連らくして利用停止にしてもらう必要があります。また、すぐに利用停止したとしても、ケータイやスマートフォンの中に登録されたあなた自身の情報やアドレス帳にある家族や友だちの個人情報を流出させてしまうことになります。ケータイやスマートフォンをなくすことは、おさいふと手帳をまとめて落とすよりも大変なことだということを忘れずに、責任をもって管理しましょう。

また、なくした時に登録されている情報を見られないように、ロック機能をつかってセキュリティ対策をきちんとしておきましょう。 友だちと貸し借りするときは、後でトラブルのもとにならないよう、おたがいが見ているところで使うようにしましょう。

アイテム課金に注意

ゲームをプレイすることは無料でも、キャラクターを飾る洋服やアクセサリー、ゲームの攻略に必要な武器などのアイテムが有料なこともあります。むやみにアイテムを買わず、自分が支はらうことができる金額かを常に意識して使いましょう。そして、必ずおうちの人に相談しましょう。

こんなことに注意!
  • ケータイやスマートフォンを使い始める前に、必ずおうちの人と相談して、約束事を決めましょう。
  • ケータイやスマートフォンのサービスを利用する時は利用料金だけでなくパケット通信料も考えて、無理がないように使いましょう。
  • ケータイやスマートフォンの管理には十分注意し、万一なくしたときはすぐに利用停止の手続きをしましょう。