ページの先頭です。

教育方針

掲載日:2014年9月10日更新

学校教育目標

学校教育目標 意欲的に学ぶ生徒、心豊かな生徒、健康でたくましい生徒

めざす学校像 生徒一人一人の夢を大切にする学校
めざす生徒像 夢を持ち、その実現のために全力で取り組む生徒
めざす教師像 教育の思いや夢を語り、生徒の夢を大切にし、その実現のために全力で指導する教師
夢、実現

意欲的に学ぶ生徒

学校が存立する理由(使命)は、生徒に対する真の学力を身につけさせることにある。この点について、生涯学習の観点から、中学校として「基礎・基本の重視」の教育と「自己教育力」の育成を目指し、生徒が学ぶ楽しさを味わえる授業を展開して生徒一人一人が自己の明確な学習への目的意識を持ち、積極的、意欲的に学校生活に取り緩めるようにする。

心豊かな生徒の育成

生徒に人間として調和のとれた心身の発達を目指し、人間としての生き方を身につけさせることは、豊かな心を育成するうえから大切である。従って、全教育活動の中で様々な体験を通し、人間相互の交流を深め、生き方を学んだり、人間性を高めたりすることが重要である。そのためには、生徒に基本的生活習慣や規範の定着を図るとともに、生徒一人一人が自ら生きる目標を目指しその実現に努め、明るい学校生活を送る態度を育成する。

健康でたくましい生徒の育成

生徒に人間として調和のとれた心身の発達を目指し、人間としての生き方を身につけさせることは、豊かな心を育成するうえから大切である。従って、全教育活動の中で様々な体験を通し、人間相互の交流を深め、生き方を学んだり、人間性を高めたりすることが重要である。そのためには、生徒に基本的生活習慣や規範の定着を図るとともに、生徒一人一人が自ら生きる目標を目指しその実現に努め、明るい学校生活を送る態度を育成する。

新曽中学生生徒画像1
新曽中学生生徒画像2
新曽中学生生徒画像3

戸田市立新曽中学 校教育課程

本校の教育課程は、以下に示す表のようになっています。年間の授業が1015時間(週29時間×35週)が確保できるように学校全職員が努力して参ります。しかしながら子どもたちの情操面や社会性を養う面から学校行事は大切ですから授業確保のために大幅に学校行事を削減することはできません。学期始めや学期後半の短縮授業をできるだけ削減したり、定期テストを短期間で実施するなどして授業確保に努めて参ります。

授業時数
各教科等/学年1年2年3年
必修教科:国語140140105
必修教科:社会105105140
必修教科:数学140105140
必修教科:理科 105140140
必修教科:音楽453535
必修教科:美術453535
必修教科:保健体育105105105
必修教科:技術・家庭707035
必修教科:外国語(英語)140140140
道徳353535
総合的な学習の時間507070
特別活動(学級活動)353535
合計週時数101510151015